FC2ブログ

けしの種

シュラバスティーの町にキサーゴータミーという若い母親がいました。
幼いひとり息子が、急病であっけなく息をひきとってしまいました。
家族が泣く泣く葬式の用意をはじめると、キサーゴータミーは息子を抱いていいました。
「待って、この子は絶対に助かる! この子を目覚めさせる薬が絶対にある! それをを探してくるわ」
家族がひきとめるひまもなく、キサーゴータミーは子どもを抱いてかけだしていきました。
そして、町はずれの物知りで評判の高いの学者さんの家にかけこみました。

「子どもが死にかけています。良い薬を教えてください、お願いします。」
はげしく波うつ母親の胸にしっかり抱かれた子どもを見て、彼はいいました。
「かわいそうに、この子はもう死んでいるよ。死んだ子が生き返る薬があったらどんなにいいか・・・。わたしも子どもを亡くしたから・・・」
その言葉は、キサーゴータミーの耳には入りませんでした。
「そうだ、お医者さまに聞いてみよう。きっと何か良い方法を教えてくださるに違いないわ」
キサーゴータミーは、少し遠くの評判の高い名医の家へ走りました。
「先生、お願いです。子どもを助けてください」
冷たくなったわが子を暖めるように抱きしめる母親に医者はいいました。
「あなたのお子さんは、もう息をしてはいません。心臓も止まっています.。瞳孔も開いています。あなたは、正気を失っているのです。死者に与える薬など無いのです」
「いいえ、この子は死んでなんかいません。眠っているだけです。動けなくなっているだけです。必ず元気になる薬があるはずです。あなたは、知っていながらそれを隠しているのでしょう。どうか、そんな意地悪はせずに、お願いですからこの子を助けてください。お願いします・・・」
泣きくずれるキサーゴータミーの肩をやさしくなでて、医者はなぐさめるようにいいました。
「分かりました、あなたの薬ならわかります。ジェータの林にいらっしゃるお釈迦さまがご存知です。さあ、行ってお聞きなさい」
<薬>という一言(ひとこと)をたのみに、キサーゴータミーは残る力をふりしぼってジェータの林へ向かいました。

「お釈迦さま、あなたさまは三世を貫く無限の叡智をお持ちと伝え聞いております。どうか、私に、御慈悲をお与えください。この子を救うための、お知恵をお授けください」
お釈迦様は、お答え下さいました。
「わかりました。それではどこかでけしの種をもらってきなさい。ただし一度も葬式を出したことのない家からですよ」
おシャカさまのことばに、青ざめていたキサーゴータミーのほほは、少し赤みをとりもどしました。
「坊や、もうすぐお薬をあげますからね」
キサーゴータミーは息子にほほずりすると、彼を家の中に寝かせ、ふたたび町へ向かいました。

大きな集落が見えてくると、キサーゴータミーの足はひとりでに速くなりました。
「すみませんが、子供の薬にと、けしの種を探しています、どうか、少し分けていただけませんでしょうか?」
農家の主婦はこころよい返事をして、すぐ奥からけしの種を持ってきました。
「どうぞ、これをお持ち下さい.」
「そうそう、お宅はお葬式を出したことがありますか」
けげんな顔でキサーゴータミーを見ながら主婦は答えました。
「はい。去年、主人を亡くしましたし、前の年には両親が・・・。でも、いったいなぜ・・・」
キサーゴータミーは、今までの事情を話しました.。彼女の話を聞いて、主婦は目頭をおさえていいました。
「お気の毒に、けしの種ならどこの家にもあるでしょう。でもお葬式を出したことのない家はねぇ・・・。見つかるといいですね…」
キサーゴータミーは次の家を訪ねました。
子どもが大勢いました。あとから出てきた母親が、自分の妹が死んでその子どもたちをひきとったところだといいました。
その次の家の若い女性は、やっと子宝に恵まれたと思ったのに、その赤ちゃんがお腹の中で死んでいたと話しました。
次の家ではおじいさんが笑いながらいいました。
「わしは婆さんと二人暮らしだ。息子は二人あるがな。わしの親と婆さんの親、それの父親の両親と母親の両親、婆さんの方も同じこと、さあて、これで何人死んだかのぅ、ひい、ふう、みい・・・、それにわしらももうすぐだ。ワッハッハ」

一人ひとりの話を聞くうちに、キサーゴータミーの胸の苦(にが)い熱いかたまりは次第に溶けていきました。
「坊や、ごめんなさい。あなたのお薬はみつからなかったの、でもお釈迦さまにお礼を申し上げにいきましょう。坊や、いちばん大切なことを教えてくれてありがとう・・・」

キサーゴータミーのほほに涙は流れましたが、刺すような痛みは消えていました。


以下のページより抜粋し、本ブログにあうように改変しました。
http://www.cwo.zaq.ne.jp/bfapw502/kesi.htm
スポンサーサイト



プロフィール

青の錬金術師

Author:青の錬金術師
ご訪問くださり、まことにありがとうございます。
このブログでは、幸福の科学の信者として、エル・カンターレ文明建設に資するべく、様々な新しい視点や発見などを提供してゆきたいと考えています。
私といたしましては、科学と宗教を融合してゆくユニークなサイトにしたいと志しています。

御愛好のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
1962年生まれの薬剤師です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク