FC2ブログ

赤ペン先生による、「みんなの党、経済政策」の添削です!!

Yahooの参議院選、各党のマニフェスト比較において、みんなの党からは、以下のような文章が提示されている。

★みんなの党、経済政策
名目4%以上の経済成長により、10年間で所得を5割アップ。産業構造を高付加価値型へ転換し、バイオ、エレクトロニクス、新素材などの将来成長分野にシフト。中小企業の活性化、競争力向上を支援するため中小企業憲章を制定。流通、教育、福祉、農業、食品などの海外進出や輸出を支援し、海外市場を内需化する。

であるが、非常に問題なのは、
「海外市場を内需化する」という表現である。

それをさらに確かめるために、詳細をマニフェストから抜き出すと、以下のようである。

7、成長しつつある「30億人のアジア市場」を「国内市場」「内需」とする消費拡大を実現。車・電機・機械だけに頼る単純なモノづくり信仰から脱却。これまで内需型産業とされていた流通(コンビニ、専門店)、物流(宅配便)、教育(学習塾)、福祉(高齢者介護、老人ホーム)、農業、食品などの海外進出・輸出を強力に支援。同時に、医療(高度医療・高級健康診断)、大学、観光などでアジアからの顧客を誘致し、少子化のハンディキャップを克服。

30億人のアジア市場を国内市場、内需とするということは、アジア市場を我が国の植民市場と化すということである。
経済によって、相手の国を奪い取る。
意に諮らんや、そうなってしまうということである。

流通、物流、教育、福祉といったサービス産業を、今発展途上のアジアに輸出するということは、アジア地域の富裕層のみが享受できるサービスでもって彼らの市場から利益を得ようとすることである。
アジアの多くの人々は、高嶺の花のままに置かれるだろう。
それは、かつて西欧市場が武力を背景にアジアを植民地化して利益を獲得しようとしたことと変わらない所業である。

今のアジアの国々から得られるとすれば、低技術の機械や衣料品。
もしくは、人海戦術に依存ずる加工品。
あるいは、エネルギー資源や一次産物を輸入する以外になくなるだろう。

領土や国民などを現物として支払ってもらうことになるだろうか?
内需化するということは、そういうことである。
武力を行使できない我が国としては、最終的には、我が国の流通産業に、債権放棄してもらうしかなくなると思われる。

今輸出しなければならないのは、彼らの国レベルを引き上げる、日本の優秀な製造技術である。
まず、モノ作りから始めてもらわなければならない。
それも、高品質で叡智の結晶となっている、日本の製造技術である。

それは、単なる科学技術だけではなく、人事管理、社内教育、経営管理といった会社経営にかかわるトータルとしてのマネジメント技術のことである。

そうして、彼らの国を富ませ、日本の高度サービス商品を購入できるだけの十分な富を創造できるようになってから、そこで初めて流通業や高度教育などの”高度サービス産業”の輸出が始まるのだ。
それまでは、彼らの中の選りすぐりの人々を、日本国内で教育訓練してあげなければならないと思う。

さらに、それらが現実化した時代にあってこそ、日本の医療(高度医療・高級健康診断)や、平均的な大学、観光などに、アジア諸国からの多くの顧客を誘致できるレベルに達するのである。

相手を富ませることによって、自らがさらに裕福になってゆく。

そう、”拡大均衡の道”を志し、その道を選択する以外に、日本の採るべき道はないと知らなければならない。

それを選択しなければ、世界は再び戦乱の時代に陥ってゆくだろう。

あと少子化の克服には、アジアから多くの留学生を受け入れ、帰化への道を開いてあげることである。


また真っ赤っかになってしまった。

以上
スポンサーサイト



プロフィール

青の錬金術師

Author:青の錬金術師
ご訪問くださり、まことにありがとうございます。
このブログでは、幸福の科学の信者として、エル・カンターレ文明建設に資するべく、様々な新しい視点や発見などを提供してゆきたいと考えています。
私といたしましては、科学と宗教を融合してゆくユニークなサイトにしたいと志しています。

御愛好のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
1962年生まれの薬剤師です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク