FC2ブログ

ホメオパシーに科学的根拠は無いのか?

ネット上に、以下のような記事がでていました。

ホメオパシーに関する学術会議談話に「全面賛成」―日医と日本医学会
8月25日22時51分配信 医療介護CBニュース

 日本医師会の原中勝征会長と日本医学会の高久史麿会長は8月25日、東京都内で記者会見し、日本学術会議の金澤一郎会長が24日に発表した「ホメオパシー」に関する談話の内容に全面的に賛成するとの見解を発表した。

 ホメオパシーは、植物や動物、鉱物などを水で希釈して得た水を含ませた砂糖玉「レメディー」を用いる代替療法。
同会議の会長談話では、「ホメオパシーの治療効果は科学的に明確に否定されている」として、医療関係者が治療に使用することは認められないと強調。
ホメオパシーに頼ることで、「確実で有効な治療を受ける機会を逸する可能性がある」との懸念を示している。

 高久会長は会見で、「学術会議の唐木(英明)副会長から、ホメオパシーの問題について医学会でも検討してほしいとの申し出があった」と説明。
これを受け、医学会に加盟する76の臨床系学会で会議を開き、「ホメオパシーは科学的根拠がない医療であることで一致した」という。
また、ホメオパシーのみの治療によって死者が出たとの報道や同会議からの要請により、日医と共同で見解を出すことになった。

 原中会長は「全く根拠のないことが広がって、1つの新興宗教的な感覚で広がることに対する危機感を持たざるを得ない」との懸念を示した上で、「国民の皆様に警告として早くお話しておかないといけないだろう(と思った)。『これさえ飲めば治る』ということが蔓延して、病気が進行してしまう」と述べた。
 高久会長は「普通の治療とホメオパシーを併用しているところと、ホメオパシーだけをしているグループがある」と指摘。ホメオパシーのみでは治療効果がなく、「生命にかかわる問題が起こる」と述べた。

 ホメオパシーを活用する会員がいた場合への対応を問われた原中会長は、「犯罪にならないような問題でも、医学的におかしいような行為をしていることに関しては、きちんと注意を与える医師会になっていこうと思う」と述べ、自浄作用を持つ必要性を強調した。
 原中会長はまた、長妻昭厚生労働相が25日、ホメオパシーなどの効果について厚労省内で研究する方針を示したことについて、「その動向、結論を興味深く見守りたいと思う」と述べた。

以上が記事の全文です。

という訳で、今の医学会は、ホメオパシーを否定しているようです。

「科学的に証明ができていない」

というのは事実でしょう。

しかし、もっと正確に言うならば、

「今の“科学”では証明できない。真偽判定不能である」

と言うべきです。

そして、

今の科学で証明できないものについて、保険適応するのはいかがなものか?」

「国家保障を与える医療として認めていいものかどうか?」

というのは正しいです。

それは、また、別問題です。

でも、「現代科学で証明できないから、効果は無い」

いや、「科学で証明できないものに、治癒効果などあってはならない」

までいっちゃってるような感じがしてくるので、空恐ろしい限りです。

その現状をもって、

「科学的に否定されている」と言い切ってしまうところが、

もしかして、科学的に素人なのではないか?」

と思わせてしまうところがあります。

でも、これが、日本の学術会議の重陳さんの意見なんだから、困りものですね。

自分のモノサシが最高だと思いこんでしまうと、こうなってしまうんです。

科学的謙虚さを教授すべき学術会議がこうなってしまっては、もうどうしようもありませんね!

今のホメオパシーが最高、なんて思っている側にも問題ありなのかも知れませんが、そんな人たちに対して
科学の光を当てようよ!」と思う人こそ学術会議の先生であっていただきと思いますね。

しかしながら、今の日本の学問レベルも、ゆとり教育で落ちてしまったのかもしれません。

学術会議も、日本ホメオパシー協会も、多分どちらも同じ穴のムジナのように思えます。


大事なので繰り返します。

今、求められているのは、

真の科学の光によって、

理性の光によって、

現代科学のさらなる発展を創出するためのブレイクスルーを見出すことです。

それが、未来産業の種になるのです。


それを言い換えれば、

「ホメオパシーがいかなるメカニズムによって効果を出しているのか?」

ということであるでしょうし、

「旧きホメオパシー技術の中から、迷信と思われるべきものを排除し、人類に恩恵を与える宝の部分を、いかにし

て磨きだすのか?」


と言うところにあると思われるのです。

それを、

「効果があるなんて嘘だ。それは、まったくの非科学的であって、意味がない詐欺か子供だましでしかない。あるいは、単なるプラセボ効果を有用な治癒作用と誤認しているに過ぎない。だから、検討の余地なし!!」

と勝手に断じて、意味無きものとして捨て去ってしまうことほど、もったいないことはないです。

そういった新しい科学の種が、いったい現代科学のいかなる分野にあるのか?

それを次回、述べてみたいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

青の錬金術師

Author:青の錬金術師
ご訪問くださり、まことにありがとうございます。
このブログでは、幸福の科学の信者として、エル・カンターレ文明建設に資するべく、様々な新しい視点や発見などを提供してゆきたいと考えています。
私といたしましては、科学と宗教を融合してゆくユニークなサイトにしたいと志しています。

御愛好のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
1962年生まれの薬剤師です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク