FC2ブログ

赤ペン先生による、みんなの党「外交政策」の添削 ①

以下の黒字は、みんなの党のマニフェストからの抜粋です。

1.我が国の国民と国土は、とことん守る

1.相互信頼に基づく日米安保体制を基軸(米軍再編への協力などを含む)。

2.ただし、対等な同盟関係
(対等な同盟関係となるためには、片務協定の改正が必要である。

片務性が消失したうえでの“対等”をいうのならば、それこそ“対等”に渡り合うための核武装を含む再軍備が、この日本の国にも必要となるだろうし、もっと言えば、場合によってはアメリカとの開戦も選択できるという状態をもって“対等”ということができるだろう。

しかし、日本国民のいったい誰が、現時点においてそこまでの対等性を望んでいるのだろうか?

おそらく、そこまで意味するとまで考えが及んでいないと思われるし、政権担当の政治家諸氏も、そんなことまでは言いたくないと思われていることと推察する。

概して言えることは、日本の国会議員たちの考え方が甘すぎるということである。

まるで、ええとこのボンボンが、その世間知らずを自覚せず、“対等外交”というかっこいい言葉に酔っているか?

あるいは、空念仏を唱えているようなものである。

繰り返すが、“対等”という言葉に含まれる責任やそれに付随する責務にまで、まったく考えが及んでいないのである。
つまり、現時点で対等性を声高に叫ぶ政党は、「外交音痴であった鳩山のレベルとそう変わらない」と判断するべきである)


という立場から、「思いやり予算」の見直し、沖縄の米軍基地負担軽減などの面で、米国に言うべき事は言い、求めるべきことは要求。

(アメリカの側から求められるべきことや、アメリカ側から言われて受けて立たなければならない国家としての責務について全然考えが及んでいない。

まさに、片務的条項は当然のこととして、こちら側の片務的主張として、日本の言い分だけを言いたい!!、主張したいことのみを主張したい!!

というふうに感じられる)


3.我が国の置かれた安全保障環境について国民的論議を喚起。

(憲法9条改正ということだろうか?

しかし、もしそういう意味であっても、都合が悪くなったら手のひらを返すように言説を撤回し、いつでも言い逃れできるように、あいまいな表現をしているようにも読める。

なので、その真意は不明である。

「北朝鮮からのミサイルが飛んできて、初めて国民的議論になり得るのか?」 というのが、今の私の正直な考えである。

それは非常に残念なことではあるが…仕方がないのかも知れない)


4.普天間問題については、民主党政権で破壊された沖縄との信頼関係醸成を一からやり直し、我が国の安全保障の確保、沖縄の基地負担軽減などの観点から、地元・米国との合意形成を行う。

(今の沖縄の知事などの首長さんたちとは、基本的に合意など得られないと思わなければならない。

それほど、鳩山さんが引っ掻きまわして、ぐちゃぐちゃにしてしまったということである。

沖縄は、現時点での外交的な地政学上においては、基地は絶対に無ければならない島である。

覇権主義を貫く、中国や北朝鮮と言う社会主義国家が存在する間は、日本の武装解除は、即、社会主義諸国への隷属・属国化の道を歩むことになると知らなければならない。

その先にあるのは、自由を求める人々が地下ゲリラ活動で反政府勢力となる道であり、あるいは、ボートピープルとして流浪の旅に出なければならなくなる道であろう。

それが現実なのである。

日本が、北朝鮮化のような国になっても構わないのなら基地はいらない。

近隣の人々の密告におびえて、猜疑心の中、特高警察の影におびえる国で構わなければ、自由と引き換えに、そのような国に住むことに耐えなければならないという選択もあるのかも知れない。

ただし、自由主義諸国は、民衆が圧政や独裁権力で自由が侵害され抑圧されている状態を決して許さないだろうから、いずれアメリカなどの自由主義諸国軍との戦場になることは間違いない。

だから、繰り返し、繰り返し、飽きるまで言わなければならない。

沖縄に、アメリカの基地があることが、現時点のアジアにおける平和の条件なのである)


5.急迫不正の侵害に対する自衛権の行使、テロやミサイル、海賊など新しい多様な脅威に対する備えには万全を期す。

(自衛隊にその任に就いてもらうのだうから、はっきりと防衛軍は編成すること。

首相や大統領の職権により、場合によっては交戦も認める旨の憲法改正が不可欠である。

あいまいな、憲法解釈論でうやむやのままでなし崩しに実利を取るというのでは、かえって危険である。

また、近隣諸国の信頼も得られない) 


まっかっかですが、続けます。 
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

みんなの党 中西

みんなの党トップ集票 県内の比例分析 ‎5 時間前‎ 県内の比例代表は、みんなの党が約二十九万七千票(得票率33・15%)を獲得し、二位の民主党に約六万四千票差をつけてトップになった。 みんなは、渡辺喜美党代表の地盤である県北をはじめ...

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

青の錬金術師

Author:青の錬金術師
ご訪問くださり、まことにありがとうございます。
このブログでは、幸福の科学の信者として、エル・カンターレ文明建設に資するべく、様々な新しい視点や発見などを提供してゆきたいと考えています。
私といたしましては、科学と宗教を融合してゆくユニークなサイトにしたいと志しています。

御愛好のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
1962年生まれの薬剤師です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク