FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早急に、日本独自の防衛体制の整備を開始しなければならない!!

平和ボケした日本の中には、まだまだ甘い考えがまかり通っています。

エジプトの革命については、先にご紹介したように、エジプトがすぐさまイスラム国家として変貌することは無いとは私も思っています。

しかしながら、確実に、イラクとイスラエルの問題に対して、極めて甚大なる影響が与えられるものと思われます。

エジプトにおいて、穏健派の原理主義者も動き出しているような報道がなされています。


明白なことは、アメリカの国力が衰えてきているということです。

それに付随して、今までアメリカの世界最強の軍事力で抑え込まれていた勢力が、ざわざわざわざわと活発化し動き始めているということです。

もしも、中東のイスラエル問題と、アフガニスタンと、北朝鮮の韓国侵攻が、三極同時期に暴れ始めたらどうなるのか?

その混乱に乗じて、ロシアと中国が、自分たちの領土拡張(客観的にどのように見ても領土拡張にしか見えないとしても、彼らにとっては“本来自分所有していた領土を復帰した”ということになるのでしょうが…)を再開したらどうなるのでしょうか?

今の時点で考えるならば、日本の国土の防衛は、日米安保を堅持する流れの中で何とか乗り切ることはできるかも知れません(これも、元民主党政権の混迷ぶりを見ていたら、極めて怪しい感じがしますが…)が、将来的には日本独自の防衛力を整備しなければならないことは、明白中の明白な事実でありますよね?

いくらアメリカが、不滅かつ最強のくろがねの城であったとしても、世界各地で機械獣が暴れ始めたら、一人で全部の相手ができなくなることは当然のことです。

そして、今のアメリカの状況であれば、中東だけで手いっぱいになるのは至極当たり前のことですよね。

アジアはどうなるのか?

私たちも、その備えをしなければならないということなんです。

アメリカはもう面倒見切れないので、アジアは当事者同士で解決せよ!!

ということになってしまうのでしょうか?

しかしながら、アメリカにあっても、今の中国の危険性については再認識をしてきている状況ですから、ある程度の援助は期待できるかも知れません、

ただ、その体力自体が、今失われつつある!

だからこそ、

「日本独自で日本の防衛を担わなければならない」

「それも、中国・北朝鮮という“核保有国”に対するプレッシャーを、独自で打ち返してゆけるだけの実力を備えなければならない」

そのような、厳しい状況に置かれているということが、ますますはっきりとしてきているというわけであります。

そういうことを、心から重要視しなければならない。

いち早く、国民世論の中に、こういった危機感が浸透してゆかなければならないのだと思っています。

自らの国を守るのは、自らの意識です。

国を愛するのは、国民一人一人の義務であります。

他人任せでは駄目なんです。

「どこかで、誰かかが何とかしてくれるだろう」というのでは甘すぎるんです。

誰かが、何とかしなければならない時代が、すでにやってきているのです」

どうか「今の自分にできる何らかの行動」をおこしてください。

それも、何をするかを他人に頼るではなく、自分の問題として真剣に考えていただきたいと思います。

そうすることが、日本の未来を切り開いてゆく原動力になると思います。

必死で考えることも、行動の一種であると思います。

そして、その考えを、現実的な行動の中で具体化してゆくということなんです。

思いと行動!

陽明学的展開なんでしょうね?

ガンバロー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

青の錬金術師

Author:青の錬金術師
ご訪問くださり、まことにありがとうございます。
このブログでは、幸福の科学の信者として、エル・カンターレ文明建設に資するべく、様々な新しい視点や発見などを提供してゆきたいと考えています。
私といたしましては、科学と宗教を融合してゆくユニークなサイトにしたいと志しています。

御愛好のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
1962年生まれの薬剤師です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。